農園紹介

アイコンあゆみ農園

イメージ
ブドウ狩りはもちろん
魚釣りや水遊びも楽しめる!

須金フルーツランドの一番西に位置する自然豊かなブドウ園。
ブドウは、巨峰や藤稔、黄玉など23品種。
目の前を流れる川では、川遊びや魚釣りが楽しめます。
「お弁当を広げたり、道具を持ち込んでバーベキューを楽しんだり…自然を満喫しながら思い思いの時間を過ごしてください!」

ぶどう  

農園訪問

須金フルーツランドの西の端。

イメージ緑のトンネルを通り川の流れに沿ってぐんぐん進むと見えてくるのが、ブドウを専門に栽培している「あゆみ農園」です。出迎えてくれたのは、日焼けした笑顔がまぶしいオーナーの福田正之さんと看板犬の犬(ケン)ちゃん。園内の休憩所には、お馴染みの巨峰やピオーネをはじめ、紅バラードやゴールドフィンガーといった珍しいブドウの写真が所狭しと貼られています。

イメージあゆみ農園の最大の特徴は、その栽培品種の多さ。 苗木を含めて35品種にものぼるブドウを育てています。看板品種は、柔らかな肉質とマイルドな甘さが特徴の藤稔(ふじみのり)。糖度が23~25度と高い黄玉(おうぎょく)や、酸味の少ないハニーシードレスは、女性に人気の品種。鮮やかな赤色が美しい大粒のクイーンニーナは、期待の大きい新品種です。

ブドウ作りへのこだわりを聞くと、「喉が渇いていると思えば水をやり、重たそうだと思えば粒を摘み…常にブドウの気持ちになってみることかな」とニッコリ。収穫期は「よくぞここまで育ってくれた」と感謝の気持ちでいっぱいになるそう。そんな福田さんの優しい人柄が美しい自然と溶け合って、心地よい須金の風景を描き出しています。

「ブドウがたわわに実る秋もいいけれど、ブドウ棚に若葉が広がる春も好き」と、変わりゆく自然の風景を味わう喜びを語ってくれた福田さん。山の雄大さ、空気のおいしさ、澄んだ水の冷たさ、野の草花の美しさ…そのどれもが五感を刺激してくれます。採れたてのブドウを食べたり、お弁当を広げたり、近くの川で魚釣りや水遊びを楽しんだり、ここでの楽しみ方は自由自在。自然にどっぷり浸る時間もごちそうです。

※お弁当や釣り棹などは各自ご用意ください。

農園名 あゆみ農園
電話番号 tel.0834-86-5858
園主 福田正之
経営面積 120a
その他 ブドウの話や須金のことなど、日常の出来事を気ままに綴っています。

ブログ「周南ぶどう農家の見聞録」
http://yamaguchi-ayumi.cocolog-nifty.com/blog/

 

フォト

 

>> 農園紹介トップへ戻る

 

今日のお天気

ふれあいプラザ須金

ページのトップへ