農園紹介

アイコンふるた梨ぶどう園

イメージ
おいしいナシを届けたい!
味へのこだわりは人一倍

ナシの種類が多く、新水、幸水、二十世紀、正月贈答用の愛宕など8品種を栽培しています。

ぶどう 梨 

農園訪問

山々を背にした穏やかな斜面に位置する「ふるた梨ぶどう園」。

イメージ農園に着くとにこやかに迎えてくれたのは、3代目オーナーの古田繁臣さんと母親のヨシ子さんです。
ここでは、新水や幸水、二十世紀、正月贈答用の愛宕など、8種類のナシが生産されています。古田さんのゆるぎないこだわりは「底味」。
化学肥料は使用せず、おいしくて日持ちのするナシを追求しています。

この日、試食に出されたのは、赤系ナシの新水。ナシは水分の含有率が90%とダントツに高い果物。ナイフを入れるとジュワーッと果汁が溢れ出し、みずみずしいおいしさが口いっぱいに広がります。「これまでの伝統を守りながら、自分たちの目の届く範囲で、確実においしい果物を作っていきたいですね」と控えめに話すその表情には、不動の大地のようなおおらかさが漂っています。

「とにかくお客様に喜んでもらうことが一番。毎年楽しみにされているお客様がいるから頑張れます。ナシの特徴や収穫時期など、分からないことがあれば気軽にお問い合わせください」

農園名 ふるた梨ぶどう園
電話番号 tel.0834-86-2221
園主 古田繁臣
経営面積 180a
その他 ふるた梨ぶどう園
http://furuta-nouen.jimdo.com/

 

フォト

 

>> 農園紹介トップへ戻る

 

今日のお天気

ふれあいプラザ須金

ページのトップへ